絵本

1歳児におすすめ絵本『ねずみさんのくらべっこ』数の概念がわかる

更新日:

人生ではじめての数との出会いはどんなもにだったでしょう?

おそらく、数字からはじまってはないはず。

1は2よりも"多い"とか、

まずは目で見える量がわかってないと

数は意味をなしませんよね。

 

鮮やかな黄色い表紙が目印の

『ねずみさんのくらべっこ』は、2ひきのねずが

大きさ、高さ、早さ、量、長さをくらべっこする

かわいらしいお話の絵本。

「ねずみさんが くらべっこ

どっちが おおきいか くらべっこ」

と2つのものをあらゆる尺度でくらべます。

「大きい方はどっち?」

と聞いて、指さしをさせながら読み進める

それを繰り返していくうちに、

子供は数の概念の第一歩を踏み出します。

表紙同様、どのページも色使いがきれいで読む方も楽しめる絵本です。







\ シェアしてください /

-絵本,
-

Copyright© おすすめ! , 2021 All Rights Reserved.