絵本

1歳児におすすめ絵本 日本のえほん”これなあに”シリーズ

更新日:

ちょっぴり渋めの日本のいいものがいっぱい!

『次世代に残したいもの』がたくさんつまった絵本シリーズ。

どの本も至ってシンプルに、「これ なあに?」という問いかけに、

次々に”日本のいいもの”が現れて、使い方や関連するものについて、

知ることができるという作りになっていて、単語に英語表記が入っているので、

お兄ちゃん、お姉ちゃんの学習にも役立ちます。

イラストを手掛けたのは、”あたらしくて普通の日用品”をテーマに、

かわいらしくておしゃれな雑貨や文房具を製作している星燈社

こちらの図案にあるように、素敵な絵柄をたくさん持っていて、

それが”和の絵本”に活きています。

雑貨と併せて出産祝いにセレクトすると、「ハイセンス~」と喜ばれること必至です!

日本のえほん『これ なあに』

”日本のいいもの”オールスターがそろった『これ なあに』

抹茶や富士山、こたつ、けん玉、そしてかわいい動物たち。

ね?ちょっと渋めのラインナップでしょ?

 

日本のえほん『たべものなあに』

お次はみんな大好きたべもの。

「その包みは?」「何食べてるの?」という問いに、

次々に出てくる日本の食べ物たち。

おにぎり、せんべい、干し柿、サンマ、そして表紙のいちご大福も。

どれも美味しそうに描かれています。

日本のえほん『いきものなあに』

お次はいきもの。

犬は柴犬、サルはニホンザルと、こちらもとことん日本の生き物にこだわっています。

鶴に、たぬきと、そう、日本昔話に出てきそうな動物たちが次々と登場します。

日本のえほん『くさばななあに』

お次はくさばな。

ストーリー重視の絵本の中では、

”おはなばたけ”とか、”はらっぱ”みたいに

ざっくり片付けられちゃうことが多いくさばなですが、

この本では、

「なんの花かな?」とページをめくると、

桜に紅葉、松、朝顔、牡丹、そして関連する動物や虫たちが登場します。

その組み合わせに、日本の季節を感じたり・・・

大人が癒される絵本かもしれません。







\ シェアしてください /

-絵本
-

Copyright© おすすめ! , 2021 All Rights Reserved.