サスペンスたっぷりの警察小説「ドッグメーカー」

投稿日:

「果てしなき渇き」でデビューし、「八神瑛子」シリーズでブレークした著者による警察小説「ドッグメーカー」

ドッグメーカーあらすじ

主人公の黒滝誠治は警視庁人事一課観察係の警部補です。仕事は警察官の規律違反を取り締まることです。彼は徹底した秘密主義を貫き、個人行動をとります。

そして、卑劣な手段を使って、目的とする人物をスパイ(=イヌ=ドッグ)に仕立て上げ、そのスパイを使って検挙率をあげています。ドッグ・メーカーというのはそこからつけられたあだ名です。

「ドッグメーカー」の出だしは、そんな彼のドッグ・メーカーぶりから始まります。

夜、赤坂署の刑事の自宅に忍び込んだ彼は、そこで児童ポルノ所持の証拠をつかみ、それをネタにゆすって、刑事をスパイに仕立て上げるのです。

目的のためなら手段を選ばない男であることが明確に示されるエピソードです。

「ドッグメーカー」始まりの事件

そこからさかのぼって、物語の始まりとなる事件が説明されます。赤坂署の悪徳刑事を探っていた人事一課の同僚が強盗事件の被害にあって殺されました。

黒滝は、それが悪徳刑事による、強盗に見せかけた殺人だと思い、捜査をしていきます。捜査を進めるうちに、ことを荒立てずにうやむやにしてしまいたい警察内の保守派と、膿みを徹底的に出しきってしまおうとする改革派の対立が深まっていきます。

ついには、赤坂署の悪徳刑事が取り調べ中に自殺するという展開になります。意外な犯人が明らかになり、黒滝は拉致された上司の救出に向かうことになります。

一匹狼で破天荒な刑事黒滝誠治

「ドッグメーカー」をひとことで言えば、破天荒な刑事が活躍する警察小説ということになります。

血なまぐさい戦いもあるのですが、あまり「オエッ」となるような陰惨な感じはしません。妙な例えですが、スポーツを観戦している感じでしょうか。

拉致された黒滝の上司というのが女性。犯人側にこれでもかと凌辱の限りをつくされる、ということはまったくなくて、単に危機におちいったというだけです。

そのあたり、子供にも安心して読ませられる小説と言うこともできますし、逆に、一部の大人にとってはおとなしくてつまらないと感じるところかもしれません。

ただし、上司が拉致されてからラストの解決に至るまでのクライマックスシーンは、ページをめくる手を止めることができないほどサスペンスに満ちていることは確かです。

ドッグメーカー作者、深町秋生の他作品

 

役所広司主演で映画化された「渇き」

まとめ

主人公黒滝は純然たる正義感で動いているわけではなく、簡単に言うと自分のS気分を満たすために動いている面があります。

それを非難するか、それとも、人間の業の深さとして受け入れるかで、黒滝のファンになるかどうかが決まるのではないか、と思いました。







\ シェアしてください /

-

Copyright© おすすめ! , 2021 All Rights Reserved.