映画・TV

3分でわかる『THIS IS US 36歳、これから』第5話あらすじ・みどころ【ネタばれあり】

更新日:

NHK総合 毎週日曜 午後11時~放送中
http://www4.nhk.or.jp/this-is-us/

『THIS IS US 36歳、これから』第5話「スーパーボウルの夜」

晴れて舞台のオーディションに合格したケヴィン。実力が伴わない合格だったため、演技に苦戦。ホテルでは集中できず、ランダルの家を突然訪ねる。予告もなく連泊するケヴィンに、いつまでいるのか?と問いただし、話の流れで、ランダルとベスがホテルに泊まり、子供たちの世話をケヴィンとウィリアムに任せることに…。

一方ケイトは、一人テレビでアメフトの観戦をするつもりが、トビーに誘われて、友人と3人で観ることに…。
テレビに食い入り、集中したいケイトに対して、友人を紹介したり、思い出話を語ろうとしたりするトビーに、どうしても一人で見たいと家に帰ってしまう。

過去の時代でも、ジャックとレベッカがアメフト観戦していた。
ミゲル夫妻と一緒にバーでアメフト観戦する二人。このころ、たびたびレベッカは”私たち夫婦に子供がいらない”とジャックに話しているが、ジャックは内心、レベッカとの子供が欲しいと感じていた。

※※ここからはネタばれを含みます。※※

第5話「スーパーボウルの夜」現在のエピソード

ケイトは一人で見ようと楽しみにしていたアメフトの試合をトビーに誘われるも、「アメフトは一人で観ると決めている」と断っていた。あまり誘われるので、トビーの家に遊びに行くと、トビーの友人がいて、観戦に集中したいケイトにお構いなしに、昔話を聞かされ、中断させられ、限界に。ケイトは、気分が悪いと帰ってしまう。後を追って家に訪ねてきたトビーに、アメフトは父親と観るって決めていると伝え、父を紹介する。紹介された父親は、骨壷。ケイトの父・ジャックはすでに亡くなっていたのだった。アメフトは、子供のころから家族で観戦いていて、ケイトの家族にとって、特別なイベントであることをトビーに話して聞かせるのだった。

一方ランダル宅では、予告なしに押しかけて、連泊するケヴィンに、ランダルの妻・ベスは、「いつまで居候するつもり?」と正直に聞く。ケヴィンはホテルを取っているが、ホテルだと舞台の練習に集中できないと明かす。
そんなケヴィンに、ランダルは、妻のベスと、彼のホテルに泊まることを提案する。ウィリアムとケヴィンに子供を預けることに不安は残るものの、ランダルは久々に子どもたちのいない時間を楽しもうとはしゃいでいた。一方ベスは、自分が妊娠しているのではないか?という不安を抱えていた。将来への不安で二人は口論に。そんな心配もつかの間、妊娠検査薬は陰性という結果になり、ほっと胸をなでおろすのだった。

ランダル夫婦がいない夜、家ではケヴィンが舞台の台詞を覚えようとするが、姪たちが遊んでほしいとお願いし、集中できない。ケヴィンは、ウィリアムも一緒に4人で芝居の練習をするという遊びを提案。
その流れで「死んだらどうなるの?」という話になり、ケヴィンはウィリアムが病気であることを言ってしまうのだった。突然の告白に黙りこんでしまった姪たちにケヴィンは謝り、今の舞台の役柄をもらったときに、自分がイメージして描いた絵と供に、「そこに死はない。“君”も“俺”も“彼ら”もいない。“みんな”がいるだけ」というメッセージをを真剣に伝えるのだった。

第5話「スーパーボウルの夜」過去のエピソード

子供が生まれる前のジャックとレベッカ。アメフトの観戦に夢中になるジャックを観て、レベッカは自分も同じ時間を分かち合いたいと、ジャックにアメフトについて教えてもらい、おおはまり。

揃ってアメフトの熱狂的なファンになった二人は、ジャックの職場の友人、ミゲル夫妻と一緒にバーで試合を観戦することに。約束に遅れてきたミゲル夫婦は、子供の世話が大変で…と理由を説明するのだった。

日頃から子供に自分の時間をとられるなんて考えられないと考えているレベッカ。事あるごとに、自分の思いをはっきりジャックに伝えるが、ジャックは内心、レベッカとの間に子供が欲しいと考えるようになっていった。

ジャックは、耐えられなくなり、アメフトの観戦中に思いをぶちまけてしまう。
険悪な雰囲気になり、レベッカはバーを出て行ってしまうが、バーの外で、今後について話し合う。
これまでの充実した時間が二人の時間を失うのが怖いというレベッカに、ジャックは「“子供を持つこと”か“君”かなら君が勝つ。何度考えても君の勝利だ」、彼女への愛を伝えるのだった。

また日本では、Amazonビデオで過去のエピソードが見ることができます。

見逃した方はぜひ!!!

『THIS IS US 36歳、これから』第5話「スーパーボウルの夜」を観る







\ シェアしてください /

-映画・TV
-,

Copyright© おすすめ! , 2021 All Rights Reserved.