映画・TV

3分でわかる『THIS IS US 36歳、これから』第8話あらすじ・みどころ【ネタばれあり】

投稿日:

NHK総合 毎週日曜 午後11時~放送中
http://www4.nhk.or.jp/this-is-us/

『THIS IS US 36歳、これから』第8話「感謝祭」

今日は感謝祭。誰よりも家族で張り切っているのはランダルだった。早起きして、家族をジャストタイムに起こして、準備をはじめる。ニューヨークのランダルの家には、母のレベッカとミゲル、ケヴィンとオリヴィア、そしてケイトもかけつける。
妻のベスは、レベッカに会うなり、ランダルに過去の秘密を打ち明けないのか?と問い詰める。そんな中、ウィリアムが毎年感謝祭の時に聞いていた思い出のテープを、ランダルが家にとりにいくが、そこであるものを見つけてしまう。

一方過去の時代、感謝祭はレベッカの実家で親戚中が集まるのが恒例だった。
ところが、向かう途中、一家を乗せた車はパンクしてしまう。
やっとたどり着いたガソリンスタンドで、「感謝祭のため、レッカーは出せない」と言われ、一家はロッジに泊まることに。
そのロッジで、過去の伝統にとらわれない、新しいピアソン家オリジナルの感謝祭を過ごすことになる。

※※ここからはネタばれを含みます。※※

第8話「感謝祭」過去のエピソード

今日は感謝祭。ピアソン家はジャック以外、憂鬱だった。毎年、レベッカの実家で行う感謝祭だが、母と不仲のレベッカはつい神経質になってしまう、それを察してか、子どもたちもどこか窮屈に感じていた。
渋る子どもたちを説得し、なんとか準備を整えるも、向かう途中に車のタイヤがパンク。5.5キロはなれたガソリンスタンドまで、歩くことになる…。
ようやく見つかったガソリンスタンドだが、あたりは真っ暗。いつの間にか夜になっていた。店員に交渉するも、「感謝祭のため、レッカーは出せない」と断られてしまう。レベッカは渋々、公衆電話から母に迎えを頼もうとするも、口論になり、「感謝祭には二度と行かない!」と啖呵を切ってしまう。そして一家は、近くのホテルに泊まることに…。
ガソリンスタンドで買ったホットドックはすっかり冷めていて食べられたものではなく、食料はクラッカーとチーズだけ。部屋を出て、ロッジから戻ってきたジャックは、受付で借りてきた風変わりな帽子を被って登場し、子どもたちを楽しませる。そして、ロッジで借りてきた映画『ポリスアカデミー3』のビデオを皆で観よう、と提案。
手には、小枝が5本。これでカチカチになったホットドックのソーセージに刺し、暖炉で焼いて、チーズを巻いて砕いたクラッカーをかけえればホットドック。
そして、ケイトが来ていたセーターがほつれてしまい、レベッカは、毛糸の糸をほどきながら「感謝していること」を一人一人発表いていこうと提案する。トラブルに見舞われた感謝祭だったが、ジャックとレベッカは工夫を凝らして、家族にとって思い出に残る楽しい日にして見せるのだった。

第8話「感謝祭」現在のエピソード

減量のサポートグループに一人で参加するケイトは、ダイエットを辞めたトビーとのデートが苦痛に感じるようになっていた。
トビーは好きなものを食べている間、ケイトはサラダだけ。
そんなケイトの気持ちをよそに、家族が集まる感謝祭に、自分も参加するつもりのトビーに、連れいていくつもりはないとはっきり伝え、トビーと距離を置くことを提案するのだった。
ケヴィンは、オリヴィアを感謝祭に誘っていた。一度は断られるものの、自分の家族は特別で退屈ではないと説得し、一緒に来てくれることになった。
感謝祭当日、ランダルは一番張り切っていた。時間ピッタリに飛び起き、家族を次々に起こす。そして料理の準備にとりかかっていた。最初にランダル宅を訪れたのは母レベッカとミゲル。ベスは、レベッカを迎えるなり、ランダルに、過去にウィリアムと会っていたという秘密を打ち明けるよう迫り、ランダルと二人で話したいと提案するも、タイミングを逃してしまう。ケヴィンとオリヴィアも現れ、まずは5.5キロのハイキングに出かけるのだった。ハイキングの途中、ランダルは、実父ウィリアムにこれまでの感謝祭の習慣を訪ねると、自分が演奏していたテープを聞いていたと答えたので、ランダルは、ウィリアムの家にテープを取りに行くことに…。
オリヴィアは、ケヴィンに、自分の家族の悲しい感謝祭の思い出を打ち明けた。家に戻ると、ケヴィンは、オリヴィアに優しくパイを差し出す。その時、ミゲルが、ケヴィンに、”思い出の感謝祭の日”に父ジャックがロッジで被っていた帽子を今年は自分が被りたいと頼むと、ケヴィンは「それは家族が被るもので、毎年自分とランダルが交代で被っている、今年は自分の番だ」ときっぱり断る。それを見たオリヴィアは、突然、帰ると言いだしてしまう。

出ていくオリヴィアに、ウィリアムは、
「今は時間が無限にあるように感じるだろうが、そうじゃない。だから格好つけるのはやめて」
「優しい男性にパイを差し出されたら、感謝を伝えたらどうだ」
と優しく諭し、戻ったオリヴィアはケヴィンに感謝のキスをするのだった。

その頃、ランダルは、ウィリアムの家でテープを探していた。そこで、テープの箱の下にある手紙を見つけてしまう。それを見たランダルの表情は一気に曇った…。

ケイト以外、全員そろった、感謝祭のディナー。そこには、ごちそうと一緒に”思い出の感謝祭”の日に食べた料理が並ぶ。食事の前に、恒例の毛糸をほどきながら感謝していることを話していくイベントをはじめるが、ランダルは、レベッカから渡された毛糸を放り出してしまう。そこで、ウィリアムの部屋で見つけた手紙を手に、母にウィリアムと会っていた過去について問い詰めるのだった。
最悪のタイミングでケイトが到着し、「私、胃のバイパス手術をするわ」と宣言する…。

また日本では、Amazonビデオで過去のエピソードが見ることができます。

見逃した方はぜひ!!!

『THIS IS US 36歳、これから』第8話「感謝祭」を観る







\ シェアしてください /

-映画・TV
-,

Copyright© おすすめ! , 2021 All Rights Reserved.