未分類

身近な出会いで見つける!ベストパートナーの探し方

普段、会社と自宅との往復ばかり、毎日仕事で疲れているから、休みはとにかく寝ていたいなどの理由で、恋人は欲しいけれども、出会いがないと嘆く人が多いです。
そこで、今回はそんな人でも、人探しのハードルはそんなに高くないですよという記事を書きたいと思います。

f:id:mouralife:20170920122058j:plain

目次
[:contents]

知り合いや友人に紹介してもらう

f:id:mouralife:20170920122111j:plain

 

まず、いちばん身近な方法として、知り合いや友人に紹介してもらうという方法があります。

 

こんな風に周りに伝えてみて!

「誰か周りにいい人いないかな?紹介してほしいのだけど」

「先日○○の時にあったあの人、また会えないかなぁ」

まだ、この方法を試していないならぜひの知り合いや友人に声をかけてみましょう。

「実はあなたに会わせたい人がいる」と友人や知り合いが思っている場合もあるかもしれません。そうすれば、話は一足飛び!

 

出会いのチャンスが数倍に

そのとき、紹介がなくても、声さえかけておけば、チャンスがめぐってきます。黙って恋人が欲しいなあと心の中で思っているより異性に会えるチャンスはグンとあがります。
些細なツテやきっかけを見逃さずに、周りに声をかけていけば異性と出会う機会も自然と増やせます。

職場の人と仲良くなるf:id:mouralife:20170920122134j:plain

異性と会う機会を増やせる手段として、身近なものです。しかし、普段通っている会社・職場で今まであまり話したことのない人は多いのでは?社内行事などがある会社は、そのときを利用して話をしてみましょう。

 

社内行事をフル活用

会社の歓送迎会や、年末年始の忘年会・新年会などで、普段顔を合わせない部署の人とも会う機会があると思います。

そこで、例えば気になっているけど今まで話す機会が持てなかった もしくは、話す勇気が持てなかったと思っていた相手にも、お酒のお酌ついでに話しに行くというチャンスがありますね。

普段会社ですれ違っても、自然と挨拶ができる関係になれるかもしれないので、社内行事はよいきっかけになります。

 

一気に関係が深まるのが社内行事
社内でスポーツ活動などの機会があれば、同じチームになった際、気になる相手から、試合のことやそのスポーツをより親しむためのコツなどをアドバイスしてもらうなど、自然と話をする機会も持てるかと思います。

 

もし、話が弾めば

話が弾めば、「今度また一緒に食事でもいかがですか?」

趣味が合えば、「よかったら次の休みに一緒に○○しませんか?」

など、さらに関係を深められます。

合コンや婚活パーティーに参加してみる

f:id:mouralife:20170920122204j:plain

 

次に、上記二つとは少々勇気がいるかもしれませんが、合コンや婚活パーティーで異性に出会う方法です。

 

もう出会えないからこそ積極的になれる

合コンや婚活パーティーは時間が限られています。だからこそ、気になる相手にもっと私という人を知ってほしいし、相手のことをよく知りたいという気持ちで行動するので、積極的に動く分、パートナーを見つけられる可能性もより高くなることでしょう。

 

婚活は身構えないのがコツ

婚活は、一見敷居が高そうに見えますが、あくまで『異性と知り合える機会が持てる場所』であるので、知り合ったからといって、どうしてもこの人と結婚しなくてはならないわけではありません。と身構えずに気楽に参加してみましょう。

趣味を通じたサークルで知り合う

 

f:id:mouralife:20170920122219j:plain

興味のある趣味をきっかけにして、もしくは、新たにこんなことをやってみたい!という趣味を始めて、異性と知り合うという手もあります。

 

気分転換にもなる趣味サークル

休日や平日の仕事帰りの日でも、いろいろな趣味で活動しているサークルは多いでしょうし、大体が時間が決められていると思いますので、仕事で嫌なことがあり、気分転換がてらにちょっと寄っていく程度でもよいでしょう。

そこで、出会い以前に日常生活のストレス発散の場として趣味活動を続けているうちに、楽しく趣味を充実させているあなたに魅力を感じて、そのうちに、普段気にも留めていなかった異性から、声がかかる機会があるかもしれません。

まとめ

 

f:id:mouralife:20170920122245j:plain

なかなか恋人が見つからないと思っていても、普段の生活をよく見渡してみれば、ある意味、どこにでも出会うチャンスはあることに気づけることでしょう。

そうなれば、もうこっちのものです。

小さな偶然のような出会いから、ゆっくりと愛情のたまごを育んでいけば、いずれ『もう私にはこの人しかいない!』と自信を持って言えるベストパートナーに巡り合えることでしょう。

素敵なパートナーに巡り合えるよう、健闘をお祈りしています!

 

-未分類

© 2021 おすすめ!