絵本

1歳児におすすめ絵本『しりとりしましょ!』食べ物で言葉あそび

私の大好きなさいとうしのぶさんの「たべものあいうえおシリーズ」

『あっちゃんあがつく』に続いて、もっともお気に入りの

『しりとりしましょ!』を紹介します。

何がお気に入りかというと、出てくる食べ物が

大人が見てもマニアックで笑える!

「むぎせんべい」「とびうお」「きゃびあ」「やしのみ」「すだち」

渋い一品からおされな高級食材まで、かなりの食べ物を収録。

それもそのはず、

「あ」から「ん」がつく食べ物ではじまるしりとりで、

1ページごとに4〜5つの食べ物が並んでいて、

それが50音分あるのだから、数が半端ない。

読み進めながら、あまりのマニアックぶりに「ぷぷっ」っと吹き出してしまいます。

食べることが大好きなお子さんには、

手軽に言葉遊びが学べるので特におすすめです。

『あっちゃんあがつく』と同様、

どのページから読んでも楽しめるのが特徴で、

うちの娘は、必ずかぼちゃが出てくるページを開いて、

「あむっ」と口に運ぶ仕草を見せてくれます。

一冊1800円と絵本にしては高い印象ですが、

このボリューム、読み応えなら、長く楽しめるので、

充分に元が取れると思います。

-絵本
-

© 2021 おすすめ!