絵本

1歳児におすすめ絵本『すきすきはみがき』はみがきが好きになる

1〜2歳は、自我が芽生える大切な時期。

大人の提案に「イヤッ」と意思表示することが増えてきます。

大切な成長過程のひとつなのですが、

良かれと思ってやったお世話に「イヤッ」とされると、

大人は困ってしまいますよね。

子供が良く嫌がるしつけのひとつが、『はみがき』

 

うちの娘は、はみがきが大嫌い。

一方で、絵本が大好き。

我が家の子育ては、好きなことの延長線上で、

いろんな経験をさせるようにしているので、

なんでもきっかけは絵本です。

はみがきの克服においては、とくに助けられました。

 

ある子育て指南書には、

「子供だって大人と一緒だから、

イヤなことを無理やりしたらもっとイヤになる」

と書いてあって、

このイヤイヤをどう克服させるか悩みました。

 

そこで、はみがき関連の絵本を検索したらたくさんでてきて、

これだ!と思ったのです。

きっと同じ悩みを持つ親がたくさんいるということなのでしょう。

 

いろんなはみがきの指南書がある中で、

わたしが特ににおすすめなのが、

『すきすきはみがき』

 

はみがきを嫌がるくまのくうぴいに、

ばいきんトリオがやってきて、

お口の中をガーリガリ、ゴーリゴリ

はみがきしないとどうなるか、

近い未来の姿を鏡のみらーちゃんが教えてくれます。

むしばで痛い思いをしたくないくうぴいは、

ばいきんトリオをやっつけるために自分ではみがきをはじめます。

最後はママの仕上げで完成!

というとってもわかりやすいストーリー。

 

はみがき絵本を選ぶときのポイントは、

①虫歯は痛くて怖いもの

②自分ではみがきをするように促す

③仕上げ磨きをして完成すること

この3点をいかにシンプルに表現しているか?

に尽きます。

 

ばいきんトリオが出てくるシーンは、

ぜひ、絵本を子供の顔に近づけながら、

低い声で読むと、効果絶大。

 

うちの娘は、最初、かなり怖がって、

わたしの背中に隠れてましたが、

おかげで、はみがきを積極的にするようになりました。

くうぴいがママのお膝の上で仕上げ磨きしてもらうページを見せると、

自分から、膝の上に頭を乗せて来るように!

正直ここまで効き目があるとは、と驚いたほどです。

 

はみがきに限らず、子供のイヤイヤに困ったら、

ぜひ絵本を探してみてください。

ママの悩みの数だけ、名作絵本があるはず。

-絵本
-

© 2021 おすすめ!