絵本

2歳児におすすめ絵本『フレデリック』人と違ってもいい

「ちょっとかわったのねずみのはなし」その副題通り、冬に備えてせっせと働くのねずみたちに混じって、いっぴきだけ働かないねずみ、フレデリックのお話。

いいえ、フレデリックが言うには、「働いてない」のではないのです。
みんながせっせと働いている時間に、フレデリックは

おひさまの光を集めたり、

季節の色を集めたり、

言葉を集めたり、

頭の中はせっせと働いてます。

やがて冬になって、みんなが集めた
食料が尽きてくるとき、フレデリックの力が発揮されます。

目をつむると不思議な事に…

あたたかい日のおひさまが感じられる。

季節の色が感じられる。

詩的な言葉が生まれる。

他ののねずみたちがせっせと集めてくれた食べ物とはまた違った
贈り物をフレデリックはみんなに与えることができるのでした。

「みんなと同じじゃなくてもいい」

そんなメッセージが感じられるお話。

2歳間近のうちの娘は、この絵本がマイブーム。
読み聞かせていると、ストーリーが1歳児にはまだ長いらしく、
ページをどんどん飛ばしてしまったり、
最初のページを何回も読んでとおねだりされたりetc.

内容には関心が無さそうなのですが、
何度もこの絵本を読んでとおねだりしてきます。

絵がお気に入りなのかも!?

私もお話よりも絵にひかれてジャケ買いしました。

布の切り絵みたいなぬくもりを感じる質感が
ハンドメイド好きの私にはたまりません。

-絵本
-, ,

© 2021 おすすめ!