絵本

2歳児におすすめ絵本『じぶんだけの いろ』自分の色より大切なこと

”自分だけの色が欲しい”

人間が成長過程で感じる想いをカメレオンのシンプルなストーリーにのせた絵本。

レオ・レオニ作、谷川俊太郎訳の絵本。

『フレデリック』『うさぎたちの にわ』に続き3冊目なのですが、

個人的にはこの『じぶんだけの いろ』が一番好きです。

『フレデリック』の見開きのところにレオ・レオニの絵本がずらっと並んでいて、

娘に「次はどれがいい?」と聞いたところ、これ!と指さしたので借りてみました。

 

まわりの色に合わせて次々に色を変えるカメレオンには、

自分の色がありません。

 

”自分の色がほしい”カメレオンは、仲間のカメレオンと

その想いを共有します。

二匹が出した答え・・・それは、

いつも一緒にいて、二匹が同じ色になること。

 

一緒なら、周りの色がどんなに変わっても大丈夫。

そんなほっこりとする結末で、とても後味が良い絵本でした。

 

固定概念にとらわれないストーリーが魅力のレオ・レオニらしい、

そしてメッセージがわかりやすい作品。

 

勝手に深堀しておくと、

”自分の色が欲しい”

子供が大人になる成長過程で、だれしもが感じることだと思います。

世間では”中二病”って呼ばれている時期かもしれませんが。

 

子供:可能性は無限大

:自分だけの色が欲しい

大人:自分の限界を知る

 

いろんな選択肢を経て、夢を叶えたり、挫折を味わったり。

 

そんな中、どんな状況であれ、

”仲間がいる”って安心なんですよね。

 

スーパースターになったとしても、

中二病の大人になったとしても、

小さな幸せに生きがいを見出す人生だとしても

 

”自分だけの色”は必ずしも必要ではなく、

”傍らに同じ色の仲間がいること”

が人生に潤いを与えてくれる。

 

スーパースターになるより、仲間の存在に気づくのはとっても簡単。

そう思うと、肩の力がすっと抜けて、気持ちが楽になるものです。

 

-絵本
-, ,

© 2021 おすすめ!