映画・TV

元気と感動!音楽映画「オケ老人」

2016年の11月11日に劇場公開された、細川徹監督によるコメディードラマ「オケ老人」

主役は、数多くの映画やドラマに出演している人気女優の杏。

意外にも「オケ老人」が映画初主演作品。

オケ老人あらすじ

とある地方都市の梅が丘で高校教師をしているヒロインである千鶴(杏)。

日々の仕事やプライベートで忙しくしていながらも、押し入れの隅に押し込んであるヴァイオリンに未練たらたらな様子。

ある日偶然にも音楽堂でアマチュアオーケストラの演奏を聞いたことがきっかけになり、にわかに音楽への情熱を取り戻していきます。

楽団はなんと老人サークル

入団を決意して訪れた先が、フィルハーモニーにも交響楽団にもなれないただの老人サークル。

つんつるてんの燕尾服を身にまといながら、タクトではなくボールペンで指揮を執るシーンなど、かなりシュールで笑いを誘います。

実際のアマチュアオーケストラで活躍している団員さんたちが、エキストラだけではなく演奏指導を担当するほどのこだわりぬいた作り。

個性豊かな俳優さんたちが、それぞれの楽器に真剣に取り組んでいる練習風景が思い浮かびます。

オケ老人出演者は皆ベテラン俳優

 

笹野高史や小松政夫をはじめとする、昭和の映画や舞台をリードし続けてきたベテラン俳優たちの共演が見どころ。

ひと癖もふた癖もある登場キャラクターたちの、それぞれのバックグラウンドを深く掘り下げていくところに引き込まれていきます。

大型家電量販店の進出に苦しめられながらも小さな町の電気屋さんを切り盛りする指揮者など、世相を反映した設定も観る人が共感できる造りになっています。

老人演奏者に愛着がわく「オケ老人」

 

よたよたと楽器を運ぶチェロ奏者。

耳が悪くても補聴器をつけながらティンパニーを打ち鳴らす楽団員。

不思議な愛着が湧いてきます。

酸素吸入器を装着しながらトランペットを吹き続ける奏者には、鬼気迫るものがありました。

老いてなお輝きを放つベテラン俳優たちからは、いくつになっても自分の好きなことを追い求めていく姿。

スクリーンを通してこの映画を見ている人がコンサート会場の観客になり、無謀なチャレンジを応援してしまうはずです。

杏の出演作品

 

まとめ

演奏会のクライマックスシーンに待ち受ける大団円は、高齢化社会を笑い飛ばしてしまうほどのエネルギーに満ちあふれていました。

「オケ老人」は楽器を演奏する人だけではなく、幅広い世代の人に見て欲しい作品です。

-映画・TV

© 2021 おすすめ!