絵本

大人にもおすすめ絵本『とっときのとっかえっこ』理想の社会って?

私が独身時代に購入して、不覚にも泣いてしまった一冊。

少女ネリーと、となりに住むバーソロミューおじいさん。

 

バーソロミューに助けられながら、赤ちゃんから子供へと成長していくネリー。

その一方で、年齢を重ね、できることが減っていくバーソロミュー。

 

年月を経て、関係性は少しずつ変わっていくけれど、

お互いを想う気持ちはずっと変わらない。

二人の名コンビが織りなす心温まるストーリー。

 

はじめて読んだ当時、

”社会はこうあって欲しい”と感じていて、

数年ぶりに読んだ今、同じことを改めて感じさせてくれた絵本です。

 

子育てをしていると、

私とあなた(子供)の関係で精一杯。

1日にできることも、考えられることも限界があって、

もう少し、他人を思いやる余裕が欲しいと、

ずっとどこかで感じていたのですが、

ふと立ち止まって、

”やっぱりこんな社会がいいな”

と、あの時の気持ちを思い出させてくれました。

やっぱり秀作。

 

理想の社会って、壮大なものじゃなく、

1対1の人間関係の集合体なんだなと、とてもシンプルなことに気づかされる。

 

そんな思考の転換で、社会のギスギスから、気持ちを遠ざけてくれる名作絵本。

 

私生活が多忙極まりない人、人間関係で悩んでいるにおすすめの一冊かもしれません。

-絵本
-

© 2021 おすすめ!