絵本

大人にもおすすめ絵本『おおきな木』休みたいなら休めばいい

 

おおきな木が大好きだった少年。

葉の冠、りんごの実、木陰etc.

少年は、木にいろんなものを与えてもらいます。

木はとっても幸せでした。

 

だけど、少年が成長していくにつれて、

木は一人ぼっちになることが多くなります。

 

あるとき、

お金が欲しいという少年に、木は

「りんごをもっていきなさい、ぼうや。

それをまちでお売りなさい。」

と言います。

 

そしてあるときは、

家が欲しいという少年に

「わたしのえだを切って、

それで家をつくればいいわ。」

と言います。

 

そんなときでも、

「木はしあわせでした」

 

ラストはよぼよぼになった少年に、

全てを与え、切り株だけになった木は

こう言います。

 

「ぼうや、わたしにおすわりなさい。

すわって、ゆっくりおやすみなさい」

 

どんな自分でも受け入れてくれる、

木と少年は、親子関係に似ているのかもしれません。

 

村上春樹さん訳がとても切なく、

”無償の愛”という言葉で片付けてしまうには

もったいない秀作絵本です。

 

休息できる場所はずっとそばにあったはずなのに

忘れてしまった大人に、

「休みたいなら休めばいい」

と教えてくれる絵本のような気がします。

 

-絵本
-

© 2021 おすすめ!