未分類

運命の人を遠ざけている?封印すべき2つのWordはこれ!

夏が終わり、だんだんと涼しくなってきました。恋もだんだんと冷めていく、そんなことではいけませんよね。

季節に左右される恋なんて寂しいです。現在恋人がいる人もいない人も、運命の人っているのかなあと考えたことはありませんか?私も今の考え方を見つけるまでは常にそう感じていました。私にそんな出会いが訪れるのだろうか、私に幸せはやってくるのだろうかと。

でも今は考え方を改めることができたおかげで、現在の相手が私にとって運命の人であり幸せを感じることもできています。一概にこれが正解ですとは言えませんが、ひとつの例として見ていただけると幸いです。

「運命もなにも出会いがないんだ」と言う人

出会いがない=出会いが欲しいだと思うのですが、自分から出会いを見つけに行っていますか?

具体的には、友達と会ったりイベントに参加したり合コンに参加したりです。とにかく大勢の人と交流することです。友達と遊んでいるだけで恋人ができるとは考えにくいかもしれませんが、ひとりでいでも同じことです。

友達の繋がりでひとりでは不可能だった出会いが生まれることも考えられます。また他人の体験談を聞くことで、恋愛に対する価値観等も築くことができるかもしれません。でも一番はコミュニケーション能力を維持できることだと思います。

「現在の相手が運命の人かわからない」と言う人

今の相手のことをどう想っていますか?好きですか?嫌いですか?

嫌いだったら一緒にいませんよね。好きだから一緒にいる、ならば運命の人ということでいいと思います。運命かどうかを判断するのはあくまでも自分自身です。

なのに好きな人との将来を信じることができないなんて、切なすぎます。好きならば、自分自身が運命の人認定してしまえばそれまで。その人が運命の人です。

私がまだ未熟な考えを持っていた頃、付き合っている相手のことを信用できず常に疑心暗鬼でいました。いつか嫌われてしまうのではないか、いつか振られてしまうのではないか。こんな感じに、まだわかりもしない先のことを悪いようにばかり考えて、今を見ることができていませんでした。また過去の過ちをずっと引きずっていました。だからこそネガティブにもなっていたし、幸せを素直に受け入れられずにいました。

まとめ

しかし今は考えを改めました。自分に自信はないけれどそんな自分を好きと言ってくれている人がいると相手を信頼し、素直に幸せを感じています。

先のことはわかりません。過去は変えられません。なのにそいつらにせっかくの幸せをつぶされたくない。だから、まだ起こるどうかもわからない不安を深刻に考えないこと、過去の過ちやトラウマは引きずりたくないなら今の幸せのためにあれは必要だったんだと無理やり思い込むことが最適だと思います。

結構無理やりなやり方なので限界がくる時もあるかもしれませんが、その時はその時なので、思いっきり悲しめば大丈夫です。

-未分類

© 2021 おすすめ!